真言が開く浄福の扉

〜空へと至道〜

Amazon Kindle版にて好評発売中!

 

価格:1,000円

 

「浄福」とは、清らかな幸福を意味しています。それは私たちが脳で思考する幸福よりも、はるかに上質で豊かな幸福があるということです。本当の幸福(浄福)に至るには、脳による思考を越えなければなりません。

 本書においては、著者が瞑想によって知り得た30の箴言を書き出し、その箴言を実践するための思考の道具となる30の真言を付記しております。箴言は、その真言を唱える際の基礎知識や心構えのようなものです。真言を何万回と唱えてもそれに見合った心が伴わなければ、無限の叡智と繋がることはできません。そこで、本書においては箴言(精神)と真言(道具)の両方を記載することで、無限の叡智へと繋がる道しるべとなるように構成されています。

 本書のタイトルである「浄福」と、穢れのない幸福を意味していますが、物理的な充足だけでなく、精神的な幸福感を得るためには、真言の神秘的な力が必要となります。

 本当の幸福は「思考」を越えた先にあります。真言の力で自分という小さな思考の監獄から脱出し、浄福へと至りましょう。

生命の樹の謎を解く

福音の方舟

《第二巻》

Amazon Kindle版にて好評発売中!

価格:800円

 

天災、異常気象の末、世界大戦へと至る未来のビジョンを観た主人公は、なぜ人類が自滅の道を辿るのか、その謎を突き止めようとする。そんな折り、人類が破滅へと向かう運命を変えるためには、東北の早池峰神社に封印された瀬織津姫を救出する必要があることを知る。

果たして、氷に閉ざされた瀬織津姫の救出は成功するのか。それは日本という国に仕掛けられた巨大な神の暗号(コード)である生命の樹の謎を解き明かす幕開けに過ぎなかった。運命という荒波に引き込まれながらも、真実を見極めようと冷静さを失わない主人公。やがて、宿命の出会いによって自分の本当の試練に気づいてゆく……

 

潜在意識からのメッセージと思考の狭間で揺れ動く主人公の心の葛藤を描いた待望の第二巻 ついに刊行。

八乙女珠輝
生命の樹の謎を解く 福音の方舟 第一巻

生命の樹の謎を解く

福音の方舟

《第一巻》

Amazon Kindle版にて好評発売中!

価格:600円


炎のように燃える赤い大蛇に呑み込まれる夢を見た主人公は、そのことをきっかけに地下世界へと引き込まれてゆく。そこは人類の潜在意識という異世界だった。その異世界において、人類が滅亡の危機にあることを知った主人公は、その破滅的未来を変えるためには、古代日本人が残した神話、神社や寺の暗号を解き明かさなければならないということを知る。神社や寺を巡り、古代の日本人が伝えようとした本当に大切なこととは何か。そこで解明されていゆく驚愕の真実。バラバラに思えた予知夢と世界中に散りばめられた暗号を解き明かすことで、現実世界の未来を変えてゆく……。

神話と歴史、現実とがリンクする壮大な愛の物語。